TOPページへもどる

 

FAQ

 

Q1, 実験参加者はどのようなことをやればよいのですか?

A1, 代表的な実験方法は、椅子に座って、モニターに提示された問題にボタンを押して答えていただく方法です。課題は実験募集毎に異なり、それぞれ実施者が科学的根拠とアイデアを詰め込んで企画準備したものです。問題がむずかしくて解けないかもしれないという心配は無用です。答えがでる場合、出ない場合、両方の脳活動を測定することも目的だからです。
実験の課題と日程が決まると、ご登録いただいた情報をもとに、実験参加条件に適合した方へ、実験詳細ご案内のメールを差し上げます。この時に実験の簡単な内容をご説明します。また、実験当日、より詳細な実験の目的と方法を実験実施者よりご説明します。不明な点は遠慮なく尋ねて下さい。

 

Q2, 実験に参加する際に特別な資格や条件などはありますか?

A2, 特に必要な資格や技能などはありません。どなたでも実験参加者としてご参加頂けます。ただし実験毎に年齢・視力など参加条件は異なります。ご了承ください。

 

Q3, 実験にはどれくらい時間がかかりますか?

A3, 実験によって様々ですが、所要時間は3~4時間程度です。実験詳細ご案内の際に、実験の所要時間をあらかじめお知らせいたしますので、ご都合に合わせて参加できる実験を選んでいただければ結構です。

 

Q4, 謝金はいくらですか?どのように支払われるのですか?

A4, 謝礼は当日、実験に要した時間(休憩含む)に応じて、1時間あたり1,000~1,500円(金額は実験内容によります)をお支払いします。また、謝礼とは別に、現住所(関東地方の方)から東京メトロ・東部和光市駅までの最短経路による交通費をお支払いします。支払いまでは1か月程度かかります。

 

Q5, 実験参加者として登録してから、どのように実験スケジュールはきまるのですか?

A5, 実験を行う際、実験参加者として登録していただいた方に、ご登録いただいた情報をもとに、実験参加条件に適合した方へ、実験詳細ご案内のメールを差し上げます。
この際、実験の概要(実施日時・所要時間・手続き・使用機器など)に関してもいっしょにお知らせいたします。もし、実験に参加してもよい、と思った場合は、募集に対する返信をおこなってください。先着順で、実験参加者の方が決まります。

 

Q6, 体に有害な実験や危険な実験はありませんか?

A6, ありません。全ての実験は、安全上・倫理上の観点から慎重に検討した上で計画されています。薬剤の投与や強い痛みを伴うような器具の仕様(針を刺すなどの行為)はありません。また、実験参加者が実験参加を取りやめたいと思った場合は、たとえ実験中でも中止が可能です。

 

Q7, 実験はどこでやるのですか?

A7, 基本的に埼玉県和光市の理化学研究所で行います。東京メトロ・東武東上線和光市駅から徒歩15分程度の場所です。実験参加者の方には詳しい道のりのご案内を差し上げています。他の場所で行う場合はお知らせします。

 

Q8, 実験参加登録をした後に、登録から外してもうらうことはできますか? 

A8, もちろん可能です。登録からの削除を望む場合は、当ユニット問い合わせ先までお願いいたします。

 

 問い合わせ先